環境にやさしく 健康は生活習慣から

 環境にやさしく 健康は生活習慣から

新着情報

会報24号(10月15日号)を掲載しました
会報24号を掲載しました。 広報・表彰タグからご覧いただけます。
R4みんなできれいにせんまいけ大作戦【高岡市】
高岡市環境保健衛生協会の「みんなできれいにせんまいけ大作戦」の「海岸特別清掃」は、7月3日(日)に国分浜一帯、雨晴海岸一帯を会場に約1,200名の参加で行われました。 可燃ごみ、不燃ごみがごみ袋1,000枚分が回収されました。  マスクの着用や人との距離を確保する等感染対策を徹底しながら皆精力的に作業していただきました。市内の多数の団体が参加し、ふるさとをきれいにする意識の高揚を図ることができました。 ※写真をクリックすると大きな画像になります。
第2回環境専門部会研修会
第2回環境専門部会は、11月30日(水)県民会館509号室で参加者25名で開催されました。 講師の富山地方気象台 気象情報官 大江 幸治 さんが「地球温暖化と富山県の気候変動」の演題でズームで講話をしていただきました。地球温暖化の世界での状況、富山県での現状等をデータに基づいてお話しを聞きました。連合会では、地球温暖化防止活動を活動目標の一つに掲げ、3R、エコドライブ、食品ロス対策、地球温暖化に関する児童生徒のポスター・壁新聞募集等に取り組んでいます。今回、根本となる地球温暖化の現状を研修することができ、今後の活動に役立てて行きたいと思います。
R4みんなできれいにせんまいけ大作戦【黒部市】
黒部市環境衛生協議会の「みんなできれいにせんまいけ大作戦」の「荒俣海岸清掃大会」は7月3日に実施され740名の参加者がありました。 可燃物(流木等)2,330kg、不燃物50kgが回収されました。 荒俣海岸清掃大会は、昭和60年の県特別美化モデル地区事業をきっかけに毎年行われており、今年で36回目を迎えた。延長約600mの海岸を例年は、保健衛生組合のほか地区振興会や公民館、体育協会、村椿小学校、清明中学校、同小中学校PTAなど、地区内の各種団体の共催で行われています。今年度は、昨年に続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加者を制限して実施しましたが、荒俣海岸の環境は綺麗に保たれており、当地区の環境美化に対する意識の高さが感じられました。 ※写真をクリックすると大きな画像になります。
R4みんなできれいにせんまいけ大作戦【上市町】
上市町環境保健衛生協会の「みんなできれいにせんまいけ大作戦」の「清掃美化運動」は6月~9月に実施され、1,564名の参加者がありました。 清掃月間中は、各地区町内会で、コロナ禍の中にもかかわらず多くの参加者があり、美しい上市町になりました。
出前健康講座 富山市五番町公民館
昨年より始まりました「出前健康講座」が11月27日(日)に富山市五番町環境保健衛生連合会の「健康づくり教室」として開催されました。 講師の許 鳳浩(きょ ほうこう)先生が「寒さに負けないための健康法」と題して講義をされ、最後に体によい薬膳弁当について説明されました。コロナで会食できないため、薬膳弁当をもらい自宅で試食されました。また、高齢者の健康づくりに適している八段錦(はちだんきん)の実技も体験され、そのDVDも資料として配付されました。 ※写真をクリックすると大きな画像になります。